Results

診療実績

Number of outpatients 外来患者数

項目 2019年度 2020年度 2021年度
新規患者数 730人 878人 1066人
延べ外来患者数 44,327人 43,961人 47,647人
1日平均外来患者数 150.3人 148.0人 161.0人

Number of new patients 新規患者数(主疾患・年齢層)

  • 2021年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 1066 337 146 117 104 70 38 96 158
    F0:器質性精神障害(認知症等) 204 1 0 0 0 2 5 59 137
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 37 0 3 5 10 4 8 5 2
    F2:統合失調症・妄想性障害 50 5 7 8 10 9 2 6 3
    F3:気分(感情)障害 240 29 56 45 39 30 14 17 10
    F4:神経症、ストレス関連障害 223 91 37 33 27 18 5 7 5
    F7~F9:発達障害・知的障害 254 183 34 21 11 4 0 0 1
    その他 58 28 9 5 7 3 4 2 0
  • 2020年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 878 260 116 85 74 64 45 80 154
    F0:器質性精神障害(認知症等) 189 0 0 1 1 3 9 41 134
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 22 1 2 3 2 6 5 2 1
    F2:統合失調症・妄想性障害 52 6 9 11 9 4 3 3 7
    F3:気分(感情)障害 177 20 36 32 23 24 14 22 6
    F4:神経症、ストレス関連障害 191 76 30 17 27 20 9 8 4
    F7~F9:発達障害・知的障害 212 144 30 19 8 5 3 2 1
    その他 35 13 9 2 4 2 2 2 1
  • 2019年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 730 205 91 84 80 45 36 75 114
    F0:器質性精神障害(認知症等) 159 0 0 1 0 0 4 51 103
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 15 0 0 1 3 4 4 2 1
    F2:統合失調症・妄想性障害 52 9 7 11 5 6 4 5 5
    F3:気分(感情)障害 129 8 26 26 32 15 14 6 2
    F4:神経症、ストレス関連障害 163 55 29 26 28 12 6 4 3
    F7~F9:発達障害・知的障害 183 127 25 13 9 5 2 2 0
    その他 29 6 4 6 3 3 2 5 0

Number of inpatients 入院患者数

項目 2019年度 2020年度 2021年度
入院患者数 ※再入院を含む 466人 499人 553人
1日平均入院患者数 239.0人 243.8人 229.4人

Number of new patients 入院患者数(主疾患・年齢層)

  • 2021年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 553 100 52 61 61 57 49 81 92
    F0:器質性精神障害(認知症等) 140 0 0 0 2 3 5 48 82
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 31 0 2 1 4 9 9 4 2
    F2:統合失調症・妄想性障害 102 5 12 21 20 16 13 11 4
    F3:気分(感情)障害 123 11 16 21 21 22 15 16 1
    F4:神経症、ストレス関連障害 49 24 8 6 3 3 2 1 2
    F7~F9:発達障害・知的障害 80 49 11 9 5 3 2 0 1
    その他 28 11 3 3 6 1 3 1 0
  • 2020年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 499 78 38 46 49 59 58 80 91
    F0:器質性精神障害(認知症等) 144 0 1 0 3 2 10 50 78
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 25 0 0 0 4 11 6 2 2
    F2:統合失調症・妄想性障害 108 3 7 23 27 20 17 8 3
    F3:気分(感情)障害 98 4 19 12 8 21 15 15 4
    F4:神経症、ストレス関連障害 33 11 4 5 3 3 3 1 3
    F7~F9:発達障害・知的障害 72 52 7 4 2 2 3 2 0
    その他 19 8 0 2 2 0 4 2 1
  • 2019年度

    疾患分類 人数 年齢層
    ~19歳 20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
    合計 466 51 26 57 72 55 62 68 75
    F0:器質性精神障害(認知症等) 128 0 0 0 6 1 12 41 68
    F1:精神作用物質使用による精神障害(依存症) 15 0 0 1 4 5 2 3 0
    F2:統合失調症・妄想性障害 108 1 6 25 26 16 20 12 2
    F3:気分(感情)障害 119 6 7 18 31 23 20 11 3
    F4:神経症、ストレス関連障害 15 5 5 2 1 0 0 0 2
    F7~F9:発達障害・知的障害 55 32 3 3 1 8 7 1 0
    その他 26 7 5 8 3 2 1 0 0

その他

項目 2020年度 2021年度
rTMS 療法(反復経頭蓋磁気刺激療法) 13人 14人

臨床研究について

通常、臨床研究は文書もしくは口頭で説明を行い、患者さまからの同意(インフォームド・コンセント)を得て行われます。 これを「オプトイン」といいます。
同意には文書による同意、口頭による同意があり、さらにこれらの同意とは異なりますが、承諾する旨の患者さまの意思表示を認識するための、適切な同意という方法があります。
臨床研究のうち観察研究(対象となる患者さまの診療データのみを匿名化して用いる研究)においては、たとえば患者さまへの侵襲や介入がなく、人体から取得された試料を用いず、診療情報などの情報のみを用いて行う研究については、国が定めた倫理指針に基づき、「必ずしも対象となる患者さんのお一人ずつから直接同意を得る必要はない」とされております。しかし、「研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を通知又は公開し、さらに可能な限り拒否の機会を保障することが必要」とされており、このような手法を「オプトアウト」といいます。

臨床研究のために、自分のデータが使用されることを望まれない方は、お手数ですが各研究の担当者までお知らせください。

臨床研究名 担当者 文書
1 TMS療法関連データベース・レジストリ構築に関する研究 平木 文代 PDF